仕組みを良く理解して利用|空室対策をしっかりすれば働かなくても利益を得られる

空室対策をしっかりすれば働かなくても利益を得られる

仕組みを良く理解して利用

積木

アパート経営で安定の収益

賃貸アパート経営に興味を持っている人も沢山います。土地さえ持っていれば誰でもできるといわれている賃貸アパート経営ですが、近年では賃貸経営をサポートする家賃保証サービスが家主の間で人気になっています。この家賃保証サービスは、所有する物件を不動産会社に貸し出して賃貸業務を委託し、不動産会社から家賃保証を受けるサービスです。不動産会社には管理委託の対価として毎月一定額の委託手数料が発生しますが、管理物件の業務を代行してもらい、契約期間中は空き部屋があっても家賃保証してもらえる仕組みになっています。不動産投資やアパート経営で安定した収益をあげるなら、この家賃保証サービスはオススメのサービスといえるでしょう。

修繕費と保証額減額の時期

家賃保証サービスの特徴として、会社にもよりますが一定期間が過ぎると家賃保証額の見直しが行われます。この場合は従来の家賃保証の金額より減額されるのが一般的となっています。この為、管理する賃貸アパートの経年劣化による修繕が必要な時期と、家賃保証額の減額が重なった場合は収支に大きな影響が出ることがありますので、中長期的に見て利用する事が重要になります。また、家賃保証額の見直しの際に交渉がうまくいかず、減額を断ると契約解除になる事があります。この時は、賃貸物件の管理がいきなり自身に切り替わるので、管理を不動産会社に丸投げ状態の場合は、契約解除前に入念な管理引継ぎを不動産会社と行い、契約解除する事が大切になります。