海外転勤が決まったら|空室対策をしっかりすれば働かなくても利益を得られる

空室対策をしっかりすれば働かなくても利益を得られる

海外転勤が決まったら

部屋

企業活動のグローバル化が進んだ影響で、海外への転勤を命ぜられる人が増えました。数年で帰国できることが最初からわかっているケースが多いですし、帰国後の昇進が約束されていることも多いので、喜んで赴任する人が大半です。国内で転勤する場合だと子供の教育を理由に単身赴任する人が少なくありませんが、海外転勤の場合は家族揃って行くケースが多くなっています。なぜかというと、海外生活を経験することが、子供にとってプラスに作用すると考えられているためです。家族全員で海外に引っ越す場合、困ってしまうのは留守中のマイホームの取り扱いです。空き家のままにしておくのはもったいなさすぎますが、誰かに貸してしまうと帰国後に自分達が入居できなくなってしまう恐れがあります。しかし、リロケーションサービスを利用すれば、海外から戻ってきた時に必ず住み慣れた自宅に入居できるようになります。空き家を無駄なく活用し、なおかつ帰国後の住まいを確保しておけるようになるため、リロケーションサービスを利用する人が増えています。

海外勤務中だけ知り合いや親戚に自宅を貸すという人が昔からたくさんいましたが、付き合いがあると高い家賃をとることができません。1円も入ってこないよりはマシだという程度の、安い家賃しかとれないケースが多いです。また、貸している間に家を汚されたり設備を壊されてしまったりするようなことがあっても、強く弁償を迫ることなどできないのが普通です。でも、リロケーションサービスを利用している場合であれば、家の価値に見合った金額の家賃をとることができます。また、不測のトラブルが発生するようなことがあっても、ビジネスライクに対応することができます。余計なしがらみに煩わされることなく適正な金額の賃料収入を得ることができるようになるため、リロケーションサービスが高い人気を集めています。