自立する女性の賃貸経営|空室対策をしっかりすれば働かなくても利益を得られる

空室対策をしっかりすれば働かなくても利益を得られる

自立する女性の賃貸経営

アパート

老後の安定のための投資法

主婦業に縛られることなく自分の好きな仕事に打ち込む女性が増えています。そのような女性は自立心が強く、パートナーを必要としない人が多いです。そのような女性は老後の安定を求めて、早くから生活設計を立てる傾向があります。生活設計の主軸にマンション経営を置くという特徴があります。実際に女性のオーナーは増えており、マンション経営でも区分投資を選択するケースがほとんどです。区分投資というのはマンションの一室を購入して賃貸にするやり方です。なぜ区分投資が増えているかというと、元手が少なくてすむこと、一室だけのマンション経営なので管理がしやすいことなどが理由です。一室を購入する時にはローンを支払いますが、家賃収入を充てることができます。ローンを完済すればその部屋は自分の資産にすることができます。

女性にやりやすい区分投資

マンションの一室を買って賃貸に回す投資法は初期投資額が少なくてすむので、OLにはやりやすいマンション経営です。ただし一室だけの経営なので、空室になると家賃収入がゼロになってしまいます。それを防ぐためには入居者を確保できる収益物件を選んで購入することが大事です。収益物件とは駅まで徒歩圏内にあり、周辺環境が良い物件のことです。また日当たりや風通しがよいことも大切な条件です。このような物件を購入できれば不安を払拭できます。老後の安定を目指すには、当初は一室だけだったマンション経営を少しずつ増やしていくのも良い方法です。初めの一室がうまくいけば、二室目を購入するのです。そのように少しずつ増やしていけば、家賃収入も増えますし、老後の安定した生活を余裕で維持できます。