空室対策をしっかりすれば働かなくても利益を得られる

自立する女性の賃貸経営

アパート

自立する女性は老後の安定のための生活設計を立てる人が多いです。そのような女性の間でマンション経営をするケースが増えています。特に目立つのが区分投資です。一室を購入して賃貸にする投資法です。元手が少なくても始められますし、管理が簡単なのが魅力です。経営が順調にいけば少しずつ部屋を増やすことも可能です。

もっと見る

仕組みを良く理解して利用

積木

家賃保証は、賃貸アパート経営を支援するためのサービスとして多くの家主に人気があります。家賃保証は、不動産会社から利用することができますが、管理を委託するため手数料を払う必要があります。しかし、空室があった場合でも、安定した家賃収入が得られるため、便利です。

もっと見る

海外転勤が決まったら

部屋

海外勤務中に空き家になってしまう自宅の取り扱いで頭を悩ませる人が少なくありませんが、お勧めできるのはリロケーションサービスを利用する方法です。リロケーションサービスを利用すれば家賃収入を得ることができますし、帰国後の住居も確保し続けられるようになります。

もっと見る

不動産の空室を防ぐ

空室

外国人向けの部屋としても

マンションの一室などを貸すことで、投資を行っているオーナーは数多く存在します。日本では投資用のマンションもたくさんあるため、入居率の高さは投資において重要になっています。空室対策として近年注目を集めているのが、日本に訪れる外国人に部屋を貸すというものです。もちろん自分で経営している場合は外国人とのコミュニケーションなどが難しくなります。そのため多言語に対応している専門会社のサポートを欠かすことはできません。ですが空室対策としては有効な手段として知られており、外国人の需要に応えることで新たな層へのアピールが可能になります。今後も外国人は日本で増加してくると見られています。まずは空室対策のひとつの方法として考えてみると良いでしょう。

会社のサポートを受けよう

空室対策には、いろいろな会社のサポートが必要です。日本人を対象としている場合でも、大手の会社のサポートを受けることによって広いネットワークが構築されます。適切な入居者を見つけるためには広い範囲に情報を提供する必要があり、大手会社のサポートを受けることによってそれが可能になります。また不動産会社によっては空室があってもある程度の家賃を保証してくれるなど、多くのサービスを展開していますので知っておきましょう。管理なども行ってくれます。複数の会社に相談することもできますので、自分の部屋であればどの程度賃料が保証されるか確認してみると良いでしょう。インターネットを利用することでも、手軽に見積もりや相談ができます。